車売却エキスパートナビ

ディーラーは中古車を売るプロではない

メリットはまず、そのディーラーで次の新車も買うと決めている場合、手続きが楽ということです。もし普通の買取に出すのであれば、自動車 下取りで買取の相手の中古業者と書類を交わして、さらに新しい車を買う時に、ディーラーとも書類を交わす、ということになります。つまり書類を作成する回数が2回になるわけです。これは多少面倒ですよね。

 

なので、絶対にそのディーラーで次の車を買うということがわかっている方、かつ書類を発行する回数が少しでも少ない方がいいという方の場合は、これは大きなメリットだといえます。

 

デメリットは、買取価格が下がること

ディーラーは中古車を売る車売却のプロではありません。つまり、引き取った車を上手く売ることができません。うまく売れないということは、高く買取ることができないということです。利益を出せていない以上仕方ないでしょう。

 

一方、中古業者は中古車を売るプロです。新車を売る方法は知りませんが、中古を売ることに関してはディーラーを遥かに上回るノウハウがあります。なので、彼らは仕入れた中古車をすぐ利益に変えることができるのです。

 

なので、彼ら中古業者の方が高く買取をしてくれるというわけですね。このように高い買取価格が実現するチャンスを逃してしまうというのは、ディーラーで引き取ってもらう場合のデメリットだといえます。

 

少しでも新しい世界を体験した方がいい

これは少し車の売却とは離れた話かもしれませんが、日本人はいつも同じところで買い物をしたり、同じサービスを連続で使ったりする癖があります。もしかしたら他でもっといいサービスがあるかも知れないのに、調べるのを面倒くさがって、結局損をしているというわけです。

 

そうした視点でみると、中古車の一括見積もりを利用しないというのもまさにそれだといえます。どう考えてもすぐに無料で終わるのだからやらない理由がないのに、面倒臭がってやらない方が多いのです。

 

やらない人がいるからこそチャンス

このように「やらない人」がいることは、やる人にとってはむしろチャンスです。やらない人がいることで、業者の側も買い取れる中古車の数や選択肢が限られてくるので、あなたが売りに出す車がより高く買取してもらえる、ということも起こるでしょう。そうした有利な状況を活かすためにも、できるだけ一括見積もりを利用すべきです。

自動車の下取りのメリットとデメリットは何か | 車売却エキスパートナビエントリー一覧