車売却エキスパートナビ

お金に変える方法はいくつかある

廃車にするしかないようなボロボロの車を持っている方でも、廃車にするよりできるだけ高く売りたい、と考えているでしょう。実際廃車にしても社会にとって何の利益もありませんし、使える部分はできるだけ使った方が環境にもやさしいわけです。なので、こうした考え方は非常にいいといえます。

 

廃車になるような自動車をお金に変える方法はいくつかあります。たとえばパーツだけを活用するというのがその主たるものです。ここではそれについて詳しく説明します。

 

日本車は、パーツだけでも十分価値がある

日本車のパーツは海外でも非常に信頼されており、特に発展途上国では日本車のパーツというだけでも高値で売ることができます。なので、こうしたパーツだけを取って輸出する専門の業者も存在しているのです。

 

もちろん、一部はそれが犯罪につながっているというのも事実です。たとえば車上荒らしでカーナビなどのアイテムを取ったり、バンパーなどのパーツを盗んでいったり、というものですね。こうした間違ったやり方をしている悪質な業者もいますが、大部分の業者は正しい方法で輸出をしています。

 

 

ボロボロの事故車でも数万円で売れることも

もう1円の価値もつかないと思っていたボロボロの事故車が数万円で売れた、という報告もあちこちで聞かれます。このような事故車を売るためにはどうすればいいかというと、やはり事故車や水没車を専門的に扱う業者にまずは査定を依頼すべきでしょう。

 

ただ、こうした業者もいくつかあるので、一社だけではなく複数の会社に見積もりを取るべきです。そうすることでより高い査定価格を引き出すことができるでしょう。

 

さらにネットの一括見積もりも使うと有利

これに合わせて通常のネットの一括見積もりも使うといいでしょう。中には事故車は受け付けていない、というものもあるのでそうした一括見積もりは避けるべきですが、中には事故車や水没車でもオーケーという見積もあります。そうしたシステムであれば、事故車などを買い取る業者も参加していますから、ぜひ利用するといいでしょう。

 

つまりまとめると、事故車や水没車を扱う専門の業者とネットの一括見積もりの両方に見積もりを取るということです。これによってより高い査定価格を引き出しやすくなることは間違いないといえます。

廃車にするより少しでも高く売りたい | 車売却エキスパートナビエントリー一覧